札幌相続相談所|札幌・札幌近郊での「遺産相続」に関するご相談に対応

非嫡出子は相続人になる? 法定相続分は?

相続における非嫡出子の立場


札幌で相続の相談を受けていると、こんなことを聞かれることがあります。

「非嫡出子がいるのだけれど、その子は相続人になりますか?」

民法が定めた法定相続人については「法定相続人と法定相続分」で解説しましたが、非嫡出子は「子」であるため、相続における非嫡出子の立場が気になります。


そもそも非嫡出子とは?

そもそも非嫡出子(嫡出でない子)とは、法律上の婚姻(結婚)関係にない男女間に生まれた子のことをいいます。俗に言うところの「婚外子」だと思ってください。

非嫡出子は法律の世界で誰の子になるかというと、母子関係と父子関係を分けて考えなければいけません。

母子関係は、分娩の事実によって法律上当然に発生しますから、非嫡出子であっても、法律上の母親はもちろん生んだ女性その人です。

一方で父子関係ですが、「認知」という手続を経なければ法律上の父子関係は発生しません。


認知によって発生する父子関係

婚姻関係にない男女間に生まれた子が、父の相続人となるためには、認知が必要です。

認知とは、事実上の父と子の間に、法律上の親子関係を発生させる唯一の制度のことをいいます。民法では、任意認知(民法第779条)、及び強制認知(民法第787条)を定めています。

任意認知は、「任意」というくらいですから、父親が自らの意思に基づいて自分の子であると認めることを意味します。強制認知は「強制」というくらいですから、子(母親)側から父に対して認知させることを意味します。


非嫡出子は相続人? どのくらい相続できる?

非嫡出子であったとしても、間違いなく「子」であることから、相続人になります。問題は、どのくらいの割合を相続できるか、という点です。

実は昔は非嫡出子の相続分は嫡出子の半分と定められていました。法律婚を推し進めためです。しかしながら非嫡出子には何の落ち度もないのに、ただただ非嫡出子であるというだけで相続分が嫡出子の半分であるのは可哀想な話です。

そこで非嫡出子の相続分は、嫡出子の相続分と同じであるとする法改正がなされたのでした。

嫡出子と非嫡出子の相続分は同じとする現行法が施行されたのは、平成25年12月11日のことです。

その現行法がしっかり適用されるのは、かつての民法900条4号ただし書(嫡出でない子の相続分は嫡出子の半分である)を違憲とする判決がなされた、平成25年9月4日の翌日以後に発生した相続です。

上記の最高裁判決のなかで、さらに以下の旨が付け加えられました。

遅くとも平成13年7月以後は嫡出でない子の相続分を差別する条項は違憲であったが、判決前の規定を前提としてなされた遺産分割協議等により確定的なものとなった法律関係に影響を及ぼさない


それまで円満に解決していた遺産相続を、その後の法改正によって覆すことは、法律関係の安定を害するからです。

また、裏を返すと、平成13年7月1日から平成25年9月4日までの間に発生した相続についての協議は、上記最高裁判決後にする場合には、現行法の適用がある、ということです。


札幌で相続の無料相談を受付中

札幌で相続の無料相談を受付中です。まずはお電話(011-213-0330)かお問合せフォームからお問い合わせください
※相談は面談形式で対応しております。お電話・メールでのご相談には対応しておりません。
※相談対応事項はサービスメニューにあるものに限ります。



司法書士・行政書士平成事務所について
司法書士・行政書士平成事務所について
  • 事務所ご紹介
  • 専門家ご紹介
  • 無料相談
  • 料金のご案内
  • 選ばれる理由
  • アクセス
札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら
札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら