札幌相続相談所|札幌・札幌近郊での「遺産相続」に関するご相談に対応

内縁配偶者に遺産を渡す方法

内縁配偶者に遺産を渡す方法もある


札幌で相続の相談に対応していると、内縁の配偶者に遺産を渡したいということを聞かれます。たとえば札幌市のAが、長年連れ添っている「妻」がいるものの、その「妻」とは法律上の婚姻関係にない場合で、その「妻」に自分の財産を相続させたい、というご相談です。

民法が定めた法定相続人については「法定相続人と法定相続分」で説明しましたが、その法定相続人のなかに「配偶者」がいました。

では、その配偶者には「内縁配偶者」も含まれるのでしょうか? 内縁関係にある者は法的に保護されることになっているため、相続権が認められてもよさそうです。ここで解説しましょう。

※内縁配偶者以外で相続人になれるかどうか、なれるとしたらどのくらいの割合で相続できるのかが気になるのは「非嫡出子」でしょう。非嫡出子については「非嫡出子は相続人になる? 法定相続分は?」をご覧ください。非嫡出子についても、札幌で相続の相談を受けている中で聞かれることがあります。


そもそも内縁とは?

内縁とは、婚姻の意思があって共同生活を営んでいおり、社会的には事実上の夫婦と認められているにもかかわらず、法の定める戸籍上の婚姻届出をしていないため、法的には正式の夫婦と認められていない男女の事実上の夫婦関係をいいます。

イメージでいうと、同棲生活が相当長く、子がいたりすることから、他人から見たら夫婦だと認められる関係です。札幌はじめ日本には多くの内縁関係の方々がおり、一定の場面で法的な保護が与えられています。


内縁配偶者は相続人ではない

では、内縁関係の配偶者は法定相続人になれるのでしょうか。

相続における被相続人の配偶者は、法律上の婚姻関係にある者に限定されているため、内縁の配偶者には相続権は認められません。つまり戸籍上の婚姻関係が大切になるのです。

札幌で相続の相談を受けているときにこのことをお話しすると、すぐに婚姻届を出された方もいました。

内縁配偶者に遺産を渡すことは不可能ではない

では、長年連れ添ってきた内縁の配偶者に自分の遺産となる財産を渡すことはできないのでしょうか?

実は、内縁配偶者は「相続人」としては遺産を受け取ることはできませんが、他の方法によって遺産を受け取ることは事実上可能です。

被相続人が、遺言や死因贈与によって内縁の配偶者に遺産を残すことは可能なのです。

さらに遺言や死因贈与契約がなかったとしても、相続人が不存在の場合には、家庭裁判所に特別縁故者の申し出をして認められれば、分与をうけることが認められる場合があります(民法第958条の3)。ただし、これはあくまで相続人が不存在の場面で、非常に限定的な場面です。


こんな面でも内縁配偶者は保護される

財産分与(民法第768条)の類推適用を内縁の配偶者に認めた判例も存在します。亡くなる前に内縁関係を解消すれば、財産分与によって、将来において遺産となる財産を渡すことができることがあるのです。

被相続人が賃借人となっていた居住用家屋に、被相続人とともに生活していた内縁の配偶者は、相続人不存在の場合には、建物の賃貸借の権利義務を承継することができることを借地借家法第36条で認められています。また、相続人がいる場合でも、その相続人が承継した賃借権を援用して、賃貸人に対抗できるとする判例もあります。

以上のように、内縁関係にも、遺された者の保護・救済を図る判例は多数存在します。

内縁配偶者は相続人にはなれないものの、一定の保護を受けることができるのです。


札幌で相続手続のお問合せ・相談を受付中

当事務所は、札幌・札幌近郊を中心として相続手続(相続登記、相続放棄、遺産調査、預貯金の相続手続等)の無料相談を受付中です。平日夜間・土日の相談にも対応しております。まずはお電話(011-213-0330)かお問合せフォームからお問い合わせください
※相談は面談形式で対応しております。お電話・メールでのご相談には対応しておりません。
※相談対応事項はサービスメニューにあるものに限ります。




司法書士・行政書士平成事務所について
司法書士・行政書士平成事務所について
  • 事務所ご紹介
  • 専門家ご紹介
  • 無料相談
  • 料金のご案内
  • 選ばれる理由
  • アクセス
札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら
札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら