札幌相続相談所|札幌・札幌近郊での「遺産相続」に関するご相談に対応

生命保険請求権の相続性

生命保険請求権は相続の対象になるのか


札幌で相続手続のお手伝いをしていますが、そのお手伝いとして、保険金の請求事務を行うことがあります。不動産や預金などの相続財産よりも、保険金の方が多額になるケースもあります。

このように、被相続人に生命保険をかけている場合、被相続人が亡くなった場合に遺されている財産は、遺産たる相続財産のみではなく、保険金請求権も発生します。生命保険契約では通常、保険金の受取人を「保険期間満了の場合は被保険者、被保険者死亡の場合は相続人」とすると思われます。

では、亡くなった方が遺言を遺している時で、遺産を相続する者を、家族以外の者に指定していた場合、保険金請求権は誰が有することになるのでしょうか。たとえば札幌のAが遺言を作成しており、「すべての財産はZに遺贈する」と記載されており、なおかつ生命保険(保険金の受取人は相続人)にも加入していたという場面です。札幌のAの意思としてはZにすべてを渡したいのでしょうが、生命保険金は誰が受け取れるのでしょうか。


裁判所の見解

この問題の考え方として、保険金の受取人は保険契約締結時に「被保険者死亡の場合は相続人」としていることから、被相続人の相続人が保険金を受け取るべきだという考え方と、遺言で遺産を承継する者が指定されているから遺言で指定されている者が保険金を受け取るべきだという考え方、の二通りが考えられます。

これについて裁判所は下記のように述べています。

特段の事情のない限り・・・保険金受取人としてその請求権発生当時の相続人たるべき個人を特に指定した場合には、右請求権は、保険契約の効力発生と同時に、右相続人の固有財産となり、被保険者(兼保険契約者)の遺産より離脱しているものといわなければならない(最3判昭和40年2月2日)



上記裁判所の考え方

裁判所は上記のとおり判示し、保険金請求権は相続人、すなわち被相続人たる被保険者の家族が有するとしました。

これはすなわち、上で述べた二つの考え方のうち、前者の考え方を採用したということになります。

裁判所がこのような考え方に至った理由は、以下のものと考えられます。

保険契約であっても、契約の一つです。そのため、契約当事者双方の同意によって契約が成立し、効力が生じます。そして、被保険者が保険会社と保険契約を結ぶ際に保険金の受取人を「保険期間満了の場合は被保険者、被保険者死亡の場合は相続人」とした場合、この内容によって保険契約が成立し、効力が生じることとなります。

このような内容で保険契約が成立し、効力が生じている以上、特段の事情のない限り被保険者が死亡した場合は保険金の受取人は被保険者の相続人であり、相続人が保険金請求権を有する、ということになります。

以上が裁判所の考え方であると思われます。「特段の事情」があると判断されるのは稀だと思われますので、保険金の受取人を相続人以外に指定したい場合には、保険金受取人変更の手続きを事前に行っておくのがいいかもしれません。


札幌で相続手続のお問合せ・相談を受付中

当事務所は、札幌・札幌近郊を中心として相続手続(相続登記、相続放棄、遺産調査、預貯金の相続手続等)の無料相談を受付中です。平日夜間・土日の相談にも対応しております。まずはお電話(011-213-0330)かお問合せフォームからお問い合わせください
※相談は面談形式で対応しております。お電話・メールでのご相談には対応しておりません。
※札幌相続相談所では、生命保険金の請求事務についてもお手伝いすることが可能です。



司法書士・行政書士平成事務所について
司法書士・行政書士平成事務所について
  • 事務所ご紹介
  • 専門家ご紹介
  • 無料相談
  • 料金のご案内
  • 選ばれる理由
  • アクセス
札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら
札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら