札幌相続相談所|札幌・札幌近郊での「遺産相続」に関するご相談に対応

本籍地が樺太、戸籍は??

被相続人の本籍地が「旧樺太」のときの取扱


札幌で相続の相談を受けていると、まれに「被相続人は昔樺太にいたことがあります」という話を耳にします。

おそらく当事務所があるのは北海道札幌市であるという地域柄、このような方が多いのでしょう。

問題になるのは、各種相続手続で必要になる戸籍が「被相続人の出生から死亡までの戸籍」である点です。死亡から遡って出生までの戸籍を収集していきますが、旧樺太に本籍地がある場合、戸籍はどのように集めたらよいのでしょうか。札幌などの北海道の方にとっては、意外と多い悩みです。


旧樺太時代の戸籍の内容を確認したければ

通常であれば、本籍地の役所が戸籍(や除籍・原戸籍)を保管しているため、その役所で一定の手続を踏めば、被相続人の戸籍を取得することが可能です。

問題なのは、旧樺太は現在では我が国の主権が及んでいるとはいえず、樺太にある我が国の役所というものが今では存在しない点です。

従いまして、樺太の戸籍についての発行を取り扱っている市町村役場というものは存在しません

しかしながら、樺太の戸籍のうち、一部のものについては、その内容が「外務省」で保管されており、外務省で一定の手続をすれば、その内容を確認することが可能です。


外務省で保管されている戸籍

注意しなければならないのは、樺太にあったすべての町村の戸籍が外務省で保管されているわけではない点です。

外務省で保管されているのは、以下の6つの村の戸籍(除籍)です。

  • 大泊郡知床村
  • 大泊郡富内村 
  • 大泊郡遠淵村 
  • 敷香郡内路村 
  • 敷香郡散江村 
  • 元泊郡元泊村
 
上記6つの村の戸籍については、外務省の下記の課で、情報の開示を受け付けています。

〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1 
外務省 アジア大洋州局地域政策課 外地整理班



6つの村以外の戸籍は?

外務省では、上記6つの村以外の戸籍は保管されていません。

したがって、上記6つの村以外の戸籍についての開示請求は、外務省では受け付けておりません

6つの村以外の戸籍について開示請求があっても、外務省では、一律に「保管していない」という旨の通知がなされる取扱いとなっています。

注意点としては、「保管していない」という通知があったとしても、それは単に保管されていないという事実を外務省が述べているだけであって、滅失している等の証明をするわけではない点です。


本籍地が樺太なら、専門家にお任せください

被相続人の本籍地が樺太である場合、相続手続は非常に複雑になります。

この場合の相続手続は、専門家による関与によって進めることをおすすめします。


他のおすすめ記事

旧樺太時代の戸籍といえば、下記の記事も参考になるでしょう。

相続登記~樺太に本籍地がある場合~


札幌で相続手続のお問合せ・相談を受付中

当事務所は、札幌・札幌近郊を中心として相続手続(相続登記、相続放棄、遺産調査、預貯金の相続手続等)の無料相談を受付中です。平日夜間・土日の相談にも対応しております。まずはお電話(011-213-0330)かお問合せフォームからお問い合わせください
※相談は面談形式で対応しております。お電話・メールでのご相談には対応しておりません。
※相談対応事項はサービスメニューにあるものに限ります。



司法書士・行政書士平成事務所について
司法書士・行政書士平成事務所について
  • 事務所ご紹介
  • 専門家ご紹介
  • 無料相談
  • 料金のご案内
  • 選ばれる理由
  • アクセス
札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら
札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら