札幌相続相談所|札幌・札幌近郊での「遺産相続」に関するご相談に対応

相続放棄選択のメリット・デメリット

相続放棄をすれば、相続人でなくなる


札幌でご相談の多い「相続放棄」ですが、これにはメリットとデメリットの両面があります。その両方をおさえた上で相続放棄を選択されるとよいでしょう。そもそも相続放棄とはどのような制度なのかを知りたい方は、「相続放棄とは~借金の相続を回避~」をご覧ください。

ここでは、相続放棄のそのメリットとデメリットを確認します。札幌で相続放棄のご相談を受けているなかでも、よく聞かれることです。札幌の方に限らず参考になさってください。


相続放棄のメリットとは

1、借金などの債務を相続せずに済む

債務よりもプラスの財産のほうが多ければ、単純承認をしてもそこから債権者に対して弁済していけば良いのですが、問題は債務のほうが多いときです。たとえば札幌のAが死亡し、相続財産が札幌市南区の土地(1000万円相当)と1億円の借金である場合を想像してください。

この場合に相続をしてしまうと、相続したプラス財産で債務の弁済ができなければ、相続人の個人財産を差し押さえられる場合もあります。相続放棄をすれば、当該債務の弁済義務を免れます。



2、相続財産を特定の者に集中させる一番簡単な方法である

遺産分割協議により、相続財産の分配を決めていくのは、時間も労力もかかります。ましてや、相続人が複数いる場合には、それぞれの思惑があるので、協議が難航することも多いです。

相続放棄をしてしまえば、遺産分割協議にかかわることもなく、相続財産を特定の者に集中させることが可能です。


相続放棄のデメリットとは

1、プラスの財産が相続できない

これは、先述したメリットの一つ目と表裏一体の関係なのですが、相続放棄をして債務を免れる代わりに、不動産や預貯金、有価証券などのプラスの財産も承継できなくなります

相続放棄した者は、初めから相続人ではなかったものとみなされるためです。

このため、相続人全員が相続放棄をしたならば、被相続人名義で登記されていた相続人の生家や、故人が大切にしていた宝飾品なども受け継ぐことができずに失ってしまうことになります。



2、相続放棄をすることで、新たに相続人となる者が出てくる場合があり、その者にとって不意打ちとなる

当初の推定相続人が相続放棄することで、新たに相続人に該当することになる者が現れる場合があります。例えば、被相続人の配偶者と子がともが相続放棄をして、被相続人の父母が生存していた場合です。

この場合、相続権は被相続人の父母に移り、債権者から被相続人の債務の取り立てをうけることもあります。

したがって、一族のなかから相続債務を完全に消したい場合は、配偶者や第一順位の相続人だけでなく、第二順位や第三順位の者も相続放棄しなければいけないのです。札幌で相続放棄のご相談でも、この点について述べると驚かれる方がいらっしゃいます、十分に気を付けてください。


札幌で相続手続の無料相談を受付中

札幌で相続手続(相続登記、不動産名義変更、相続放棄、預貯金や株式等の承継手続、遺産調査など)の無料相談を受付中です。平日夜間・土日の相談にも対応しております。まずはお電話(011-213-0330)かお問合せフォームからお問い合わせください
※相談は面談形式で対応しております。お電話・メールでのご相談には対応しておりません。
※相続放棄については、「札幌で相続放棄サポート」をご覧ください。



司法書士・行政書士平成事務所について
司法書士・行政書士平成事務所について
  • 事務所ご紹介
  • 専門家ご紹介
  • 無料相談
  • 料金のご案内
  • 選ばれる理由
  • アクセス
札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら
札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら