札幌相続相談所|札幌・札幌近郊での「遺産相続」に関するご相談に対応

相続基礎知識-相続お役立ち情報-

相続お役立ち情報



はじめての相続~手続の流れ~

札幌で相続の無料相談をしている当事務所ですが、相続人の方にまず知って欲しいのが「相続手続の流れ」です。 相続手続のなかには、時間的な制約のあるものが複数あります。「いつまでに」「どの順番で」「何を」す… 詳細を表示する

相続の開始時期

相続はいつから始まる? 民法第882条は、「相続は、死亡によって開始する。」と規定しています。しかしながら、私たちが真っ先に想像する自然死以外にも、脳死や、失踪宣告による死亡の擬制、遺体が発見されない… 詳細を表示する

法定相続人と法定相続分

相続の「基礎の基礎」を解説 札幌で相続の相談を受け付けている司法書士平成事務所です。 法定相続人と法定相続分は、相続に関するもっとも根本的な知識であり、絶対に知らなければいけません。これらの情報に関し… 詳細を表示する

代襲相続とは~相続人の修正~

相続放棄は代襲原因? 代襲原因に関して、絶対に知って欲しいことがあります。 それは、本来相続人になるはずだった者が相続放棄をしたときは、代襲相続は認められないということ。相続放棄が家庭裁判所によって受… 詳細を表示する

代襲相続と数字相続の違い

相続人が相続開始「前後」に死亡する場合 被相続人が死亡すると、相続が開始します。民法は親族のうち誰が相続人となるかを規定していますが、相続人が相続開始前後に死亡することも考えられます。 このような場合… 詳細を表示する

非嫡出子は相続人になる? 法定相続分は?

相続における非嫡出子の立場 札幌で相続の相談を受けていると、こんなことを聞かれることがあります。 「非嫡出子がいるのだけれど、その子は相続人になりますか?」 民法が定めた法定相続人については「法定相続… 詳細を表示する

非嫡出子の相続分改正の推移について

相続における非嫡出子の立場 相続に関する規定で近年の大きな改正の一つが、嫡出でない子の相続分です。 従来、借出でない子の相続分は嫡出子の2分の1とされてきました。しかし、平成25年改正により、嫡出か否… 詳細を表示する

胎児も相続人になれる

生まれていない子でも相続人 相続人というと、すでに生まれた子や被相続人の配偶者が含まれることは争いがないでしょう。そして民法はさらに、まだ生まれていない胎児にも、相続人の地位を認めているのです。 生ま… 詳細を表示する

「養子」も相続人になる

血がつながっていなくとも相続人になる 法定相続人については「法定相続人と法定相続分」で説明した通り、第一順位の血族相続人は「子」でした。 子といえば、血のつながりのある「実子」を思い浮かべるものでしょ… 詳細を表示する

「特別縁故者」として遺産を受け取る

特別縁故者として相続財産を受け取る 人が死亡したら相続が開始し、その人の相続財産は相続人に承継されます。 では、身寄りのない人が死亡した場合は、その人の財産は誰が承継するのでしょうか。相続人がいないの… 詳細を表示する

相続欠格制度とは?

相続人なのに相続できない? 相続の場面で、たまに相談を受けるのが「相続欠格」についてです。たとえば札幌市に住んでいたAさんが亡くなり、相続人はAの子であるB及びCだけれども、どうやらCは相続欠格になっ… 詳細を表示する

相続人の排除制度とは

相続人に相続させない制度 廃除とは、被相続人となる者が、相続人になる者の相続権を剥奪する制度です。たとえば札幌市中央区在住のAさんが、その生前に自身の子であるBから相続権を奪ってしまうことが可能です。… 詳細を表示する

相続人の生死がわからない場合の対応

生死不明者も相続人になる…… 遺産相続について、親族間で相続手続を進めようと思ったとき、何年にもわたって生死不明な者も、相続人の一人としてカウントしなくてはならないのでしょうか。それとも、もはやその人… 詳細を表示する

祭祀財産の権利承継について

祭祀財産はどのように承継される? 不動産や金銭と同様に、系譜や祭具、墳墓の所有権も相続の対象となるのでしょうか。 しかしながら、誰が主宰するのかが重要となる祭祀において、遺産分割協議が整うまでは共有状… 詳細を表示する

相続が開始したら、お墓や仏壇は誰のもの?

祭祀財産の行方 先祖代々の家系を示した系譜やお墓、仏壇など先祖を祭るためのものを、まとめて祭祀財産といいます。こうした祭祀財産は、土地や預金と同じように相続されるのでしょうか。札幌で相続手続の相談をし… 詳細を表示する

知っておきたい「遺留分」の基礎

遺留分とは もし遺産を相続する際、自分の相続分がなくなるような遺言がのこされていたら、あなたの相続分はゼロになってしまうのでしょうか。そうなると、遺族の生活保障という相続制度の趣旨が果たせなくなってし… 詳細を表示する





司法書士・行政書士平成事務所について
司法書士・行政書士平成事務所について
  • 事務所ご紹介
  • 専門家ご紹介
  • 無料相談
  • 料金のご案内
  • 選ばれる理由
  • アクセス
札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら
札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら札幌相続相談所では、相続・遺言の無料相談受付中!|TEL:011-213-0330/Eメールでのお問い合わせはこちら